お役立ち情報

不動産を運営する上でよく起きるトラブルを紹介します!

2020年12月20日

賃貸経営をしている中で、トラブルはつきものです。
トラブルの中にも様々なものが考えられると思います。
そこで今回は、今後、もしくは現在賃貸経営をしている方に向けて賃貸経営でよくあるトラブルと予防法について説明していきます。

 

□賃貸経営でよくあるトラブルとは

はじめに、賃貸経営でよくあるトラブルについてご紹介します。

まず、入居者とのトラブルです。
例えば、深夜にも関わらず楽器やテレビの音が大きくてうるさい、ゴミの分類をしっかりしない、など、様々な要因が考えられます。
トラブルが発生しているにも関わらず対応が遅れてしまった場合は、退去につながりかねません。

次に、家賃滞納が常態化しているというものです。
家賃滞納が生じた場合は安定した収入を得られませんよね。
だからといって、対応を間違えてしまうと事態の悪化にもなりかねません。
家賃滞納が発生した際は、状況に応じて早急に適切な対応をすることが重要です。

 

□トラブルの予防法をご紹介!

ここまで、賃貸経営でよくあるトラブルについてご紹介しました。
では、このようなトラブルを防ぐためにはどのような対策をすれば良いのでしょうか。
続いてトラブルの予防法をご紹介します。

1つ目の予防法は、入居審査をしっかりすることです。
トラブルになりそうな人とは契約をしないという審査基準を決めておくとリスクを軽減できるでしょう。
管理会社に委託している場合は、審査基準を明確に伝えておくことも必要です。

自主管理の場合は書類審査はもちろん、物件を案内する際の話し方や身なりも判断ポイントになります。
それでも一人の判断では見極められないこともあるため、入居募集と入居審査だけは管理会社に委託する方法もあります。
もちろんその際は、入居審査をしっかりしてほしい旨、審査基準などを伝えておきましょう。

2つ目の予防法は、連帯保証人を立てることです。
昨今は、家賃保証会社加入を条件とするケースも増え、連帯保証人をたてない契約も増えてきています。
しかし、それで安心という訳ではありません。
家賃滞納以外でのトラブルも多いのが現状だからです。
保証会社をつけた上にさらに連帯保証人もつけることができれば、さらなるリスク軽減となります。
しかし、民法改正にともない、連帯保証人を立てるのが難しい場合は、「身元引受人」といった形であれば応じてくれるケースもあります。

連帯保証人や身元引受人を立てることは、頼む人にとっても、頼まれる人にとっても負担になりますよね。
このような負担が抑止力になり、トラブルを発生しにくくさせるでしょう。

また、万一トラブルが生じた際にも対応をスムーズに行えます。
最近では家賃保証会社に加入する場合が多いですが、トラブルを防ぐためにも連帯保証人を立てることをおすすめします。

 

□まとめ

今回は賃貸経営でよくあるトラブルと予防法についてご紹介しました。
これから賃貸経営を始める方はもちろん、現在オーナーの方も今回の記事を参考にしてみてください。
また当社では不動産経営をしている方に向けてコンサルティングを行っておりますので、お気軽にご相談ください。

不動産オーナーのお悩み、オーナーズビジョンが解決します!

・不動産経営なんでも無料ZOOM相談
・不動産投資・賃貸経営コンサルティング
・資産ドック(資産分析コンサルティング)
・賃貸管理コンサルティング
・新築企画・土地活用・大規模修繕・原状回復・リフォーム相談
・税務・相続対策コンサルティング など

収益不動産・土地活用に関するお悩みについてご相談ください

プロの意見を聞いてみたい方はコチラ↓

 

不動産投資・賃貸経営の情報収集にはコチラ↓
 北海道最大の大家コミュニティー!
 北海道大家塾 メルマガ会員登録

 

◆不動産経営の実力をつけたい方はコチラ↓

 受講生募集中!
 不動産実務検定1・2級講座

◆物件探しから購入・売却をご希望の方はコチラ↓

 テーラーメイドの不動産投資をご提案します!
 オーナーズビジョン不動産営業部

オーナーズビジョン株式会社
〒062-0935 札幌市豊平区平岸5条7丁目8番22号
TEL:011-827-1021
FAX:011-827-1017
Mail:info@hokkaido-ooyajuku.com
WEB:https://www.ownersvision.com/

-お役立ち情報

© 2021 北海道の賃貸不動産経営コンサルタント オーナーズビジョン株式会社