北海道でアパ・マン経営を成功させるには

28.アパ・マン経営の物的証拠とは?

0-05
賃貸経営の物的証拠を考えてみましょう。

賃貸経営で、物的証拠として一番わかり易いところでは建物のハードがあります。

ハードというのはとても分かりやすいのです。

特に暖房や給湯設備の燃料が何なのか?や建物の構造、日当たり等は直ぐに判断できることなのです。

こういったハード的なものは、 POPや説明書などできちんと分かるようにすることで、すぐに「物的証拠」とすることが出来ます。

でも賃貸経営の「サービス業」 としての物的証拠というのは、なかなか難しいところがあります。

賃貸物件の「サービス」 は住んでみないとわからない点がとても多いので、入居希望者にはなかなか伝わりません。

裏を返すとどのようなサービスを受けられるのか、入居者希望者は不安に感じるということです。

そうした時に、
「不安に思うことはありませんよ、ほら、こんな風に安心できる証拠があるのですから。」
と言ってあげることは、とても大切なのです。

例えば、「お掃除」 を例に考えましょう。

大家さんが近くにいて毎日のように、お掃除している物件もありますし、ほとんど掃除もされない物件もあります。

案内された入居者さんは、共用部がきれいなことは気づくかもしれませんが、毎日お掃除しているとは思わないと思います。

それは案内する営業さんにしてもそうです。

この場合、大家さんがやるべき「物的証拠」は、毎日お掃除をしている事を表すことです。

家賃を高くいただこうと思えば、その家賃に見合った事を表す必要があります。

ですから、共用部なども、提供しようとするサービスとギャップのある物的証拠を見せてはなりません。
(家賃は高いのに100均の造花を置く事や、玄関マットがボロボロ等)

こういった物的証拠を示すのに賃貸経営で最適なものは、
「POP」
「三つ折リーフレット」
「ホームページ」
「ニュースレター」
です。

特に入居者さんが案内された時にPOPが飾ってあって、お持ち帰り用にリーフレットがあったとします。

そこには、入居者サービスのお約束として、お掃除の頻度や、除雪、クレーム対応、 インターネット無料サービス、お部屋の品質などサービスについて書かれていたとしたらいかがですか?

これらのものはすべて、
「私たちのマンションはこういうマンションです」
という何らかのイメージを入居者に与えます。

また、リーフレットを営業さんに差し上げることも、先にサービスの品質を表すにはいいと思います。

ですから、一度、
「入居者希望者にどんな印象を与えているだろうか?」
「営業さんにどんな印象を与えているだろうか?」
という視点から、見直してみるのもよいと思います。

そうした不安を取り除いてあげることは、賃貸業のマーケティングでは必要な一手なのです。
不動産オーナーのお悩み、オーナーズビジョンが解決します!

・不動産経営なんでも無料ZOOM相談
・不動産投資・賃貸経営コンサルティング
・資産ドック(資産分析コンサルティング)
・賃貸管理コンサルティング
・新築企画・土地活用・大規模修繕・原状回復・リフォーム相談
・税務・相続対策コンサルティング など

収益不動産・土地活用に関するお悩みについてご相談ください

プロの意見を聞いてみたい方はコチラ↓

 

不動産投資・賃貸経営の情報収集にはコチラ↓
 北海道最大の大家コミュニティー!
 北海道大家塾 メルマガ会員登録

 

◆不動産経営の実力をつけたい方はコチラ↓

 受講生募集中!
 不動産実務検定1・2級講座

◆物件探しから購入・売却をご希望の方はコチラ↓

 テーラーメイドの不動産投資をご提案します!
 オーナーズビジョン不動産営業部

オーナーズビジョン株式会社
〒062-0935 札幌市豊平区平岸5条7丁目8番22号
TEL:011-827-1021
FAX:011-827-1017
Mail:info@hokkaido-ooyajuku.com
WEB:https://www.ownersvision.com/

-北海道でアパ・マン経営を成功させるには

© 2021 北海道の賃貸不動産経営コンサルタント オーナーズビジョン株式会社