25273-2

地球温暖化による影響により、各地で豪雨災害による洪水が増えてきています。
今年7月豪雨による熊本県人吉市と球磨村の被害は記憶に新しく想像を絶するものでした。

このような状況を鑑み、国交省は水害リスクの説明を売買・賃貸の重要事項説明に盛り込混むことを決定し、宅地建物取引業法施行規則の改正が行われ、8月28日から重要事項説明書での説明が義務づけられた事は、2020年8月2日の健美家ニュースでも取り上げました。

従来から土砂災害警戒区域や津波災害警戒区域、造成宅地防災区域ではその説明義務があったが、この改正によって市町村による水害ハザードマップでの説明義務が加わるのです。

そこで、札幌市の洪水対策事業などについて解説しています。


【健美家 不動産投資全般/災害・防災ニュース 】

   https://www.kenbiya.com/ar/ns/jiji/disaster/4157.html

上記URLよりご覧いただけます。

重要事項説明では既に洪水リスクについての説明義務が始まり、今後の部屋選びの一つの基準になります。
ぜひ、ご覧ください!!



ご相談を希望される方へ


不動産経営コンサルティング、建築・修繕・リフォーム、ファイナンシャルプランニング、
税務・相続対策など、不動産賃貸全般のご相談・お悩み事などお気軽にご相談ください。

オーナーズビジョン株式会社
原田への相談はこちら

TEL:011-827-1021


《定期的なご相談や、情報提供、経営改善には》
北海道大家塾有料会員」へお申込下さい。


《北海道最大規模 大家さんの勉強会&コミュニティー》


 参加されたい方は、まず「北海道大家塾無料会員」にお申込下さい。
 開催が決まりましたら優先的にご案内します。


《不動産経営の基礎を学びたい方》

 不動産実務検定がおすすめです